お祝いに胡蝶蘭を選ぶ理由

お祝いごとがあった時、花を贈ることがあります。花束だったり、スタンドに立てたりとスタイルもいろいろありますが、こんな時に多く選ばれるのが胡蝶蘭です。見た目の豪華さがお祝いごとにピッタリという理由もありますが、それ以外にも胡蝶蘭が選ばれる理由はいくつかあります。なぜお祝いごとに花を贈る時、胡蝶蘭が選ばれるのか?その理由を紹介します。

花を贈る時、花言葉を考えて選ぶことがあります。胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」です。おめでたい出来事にピッタリの花言葉です。蘭は手入れが難しく面倒と思われがちですが、イメージよりも手入れが楽です。置き場所などにも注意すれば、長く持つのもポイントです。

花をもらってもインテリアや内装に合っていないと、アンバランスな印象になってしまいます。胡蝶蘭はカラーバリエーションにも富んでいますが、白を選べばどんな雰囲気にも合うので失敗が少ないのもポイントです。

見た目の印象については、上品とか豪華というのもお祝いごとに贈る鼻にふさわしいのではないでしょうか。大きい花を咲かせる植物は、部屋に置いておくと花粉が飛んだり落ちたりして室内が汚れてしまうことがあります。その点胡蝶蘭は花粉がほとんど出ませんし、香りもそれほど強くないのも特徴です。香りが少ないので、ニオイに対して敏感にならばければいけない場所にも安心して置いておけます。

季節によって用意できない花もありますが、胡蝶蘭なら年間を通して手に入るから季節に左右されないのもいいところです。